エンジニアのガチキャリア相談をほぼ全部公開:「SIerからweb系企業への転職を目指しているのにエージェントからはSIerばかり紹介されました…」(1万字)

公開

㈱トラックレコード共同代表の芹川です。

ITエンジニアのためのキャリア相談・コーチングサービス「kiitok(キイトク)」を運営しています。kiitokではスタートアップや上場企業で活躍する現役エンジニアがメンターとなり、多くのエンジニアがキャリア相談を受けています。

とはいえ、「キャリア相談って何を話すの?」とイメージが湧きにくい方も多いはず。そこで、「実際のキャリア相談の中身をほぼ全部公開してみる」というのがこのシリーズです。

この記事は以下のような方を対象としています

- SIerからwebサービスを自社開発している企業に転職したい
- kiitokでキャリア相談でどんな話ができるか知りたい
- 1on1やコーチングのスキル・ノウハウを学びたい

注:相談者の方には事前に合意を取り、プライバシーや非公開情報には配慮の上、一部の内容は省略・抽象化してあります

今回の相談内容

SIerからweb系企業への転職を目指していますが、エージェントからはSIerばかり紹介されました。目標に向けて何をすればいいでしょうか?

Hさん・SIer勤務 26歳

新卒でSIerに入社し、現在は保険会社のシステムの保守・開発を担当している。web系企業への転職を考えていたものの、転職エージェントから現職と同じようなSIerばかり紹介された経験から、今回のキャリア相談を申し込む。

今回のメンターは、池上 純平氏

東京大学経済学部卒業後、2015年4月に富士通株式会社にSEとして新卒入社し自治体向けシステム開発に携わる。
2016年11月より株式会社プレイドに参画。開発、採用、技術広報など幅広い役割を担う。
自身の転職経験から、ポッドキャスト『しがないラジオ』の運営、書籍『完全SIer脱出マニュアル』の出版など、"初めてのエンジニア転職"に関する発信を積極的に行っている。

(1/5)相談事項の確認

アイスブレイク

今日はよろしくお願いします。相手がどんな人かわからないと言いづらいこともあると思うので、まずは僕から自己紹介しますね。

あらためまして、池上と申します。今はプレイドというBtoBのマーケティング支援プラットフォームを提供している会社にいます。

エンジニアとして入社したんですが、開発だけに限らずテクニカルサポートも担当していて、「お客さんにどうやって導入してもらうか」、「お客さん側のデータをどうやって連携させるか」といった話をしたり、技術的な情報発信みたいなこともしたりしています。

あと、エンジニアの採用もやっていて、累計100人以上は中途の採用面談をしてきました。そういう意味では、結構いろんな視点から話せるかなと。

ちなみに今の会社の前は富士通のSEでした。COBOLってわかりますか?

僕もいま同じようなところでCOBOL使っています。

そうなんですね。じゃあ、けっこうつらいですね(笑)

(笑)

僕の場合、自治体の向けのシステムをCOBOLやJavaで書いていたんです。最初はプログラミング自体が楽しかったんですけど、もっとモダンな開発環境、上司に必要以上に気をつかわずに、本音で生きられるような職場を求めて転職しました。それでいまが2社目です。

僕に答えられることであればなんでも答えるので聞いてください。あらためてよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

事前に簡単な資料は読ませていただいているんですけど、自己紹介を兼ねて、今日どんなことを話したいか教えていただけますか?

はい。僕は文系出身で、プログラミング未経験から今の会社にSEとして入って4年目です。
事業としてはソフトウェアの受託開発、SIerですね。保険会社のシステムの保守をメインに、たまに開発をやっています。

なるほど。

言語としては先ほど言ったようにCOBOLとかCとか、最近では少しずつJavaとか。僕のチームではCやSQLでデータ・ファイルの編集をしています。

相談内容と相談背景

ありがとうございます。

相談内容としては、いま転職活動をしていてweb系の自社開発企業で働きたいけど、どうしたらいいのかわからない。加えて、COBOLなどでの仕事がこの先のキャリアに活かされるのか不安になっていると。

※kiitokではキャリア相談の申込み時に相談内容をメンターに事前共有できます。それを参考にメンターは面談時間をより有効に使うための準備をします。

はい。転職活動には1年前からエージェントを介して応募していました。ただ、いい企業というか、自分にとって魅力がある企業を紹介してくれなくて…。一応内定を頂いたものの、そこも今の会社と同じようなSIerだったので、転職する意味はあるのかな、と

それでスキルをつけようと思い、いったん転職活動をストップしました。その後は業務が忙しかったり、どうやって勉強すればいいのかわからなくなったりして、1年くらい経ち、先月からまたエージェントを介して転職活動を再開しています。並行して、web系の企業に入るための勉強も独学ではじめました。

今のところエージェントから紹介してもらっているのはやはりSIerばかりなんですけど、そのなかでもweb系の言語を使っているSIerに行こうかなと思って、いま進めています。

なるほど。転職活動はエージェント以外にもいろいろ方法があると思います。たとえば転職サイト経由で企業から声をかけられて面談に呼んでもらったりはしていますか?

Wantedly経由でweb系の会社のカジュアル面談や説明会に2~3回行きました。面接までは受けていませんが、その場では「SIerからweb系企業に行くにはどうしたらいいか?」といった相談しました。

いいですね。自分がやりたいことや、どれくらいのスキルがあればどういった会社に入れるのかといったところは、実際いろんな会社を見てみないとわからないので、そういった活動はよいと思います。

そのなかで一番悩んでいるのはどのあたりですか? たとえば、いい企業に出会えないことが問題だと考えているんでしょうか? あるいはスキルを身につけるための勉強方法がわからない、とか。

今の目標としてはweb系の企業に就職することなんですが、そこに行くために、スクールとか勉強会に通ったり、自己学習したりしてスキルを身につけてから転職活動するべきのか。いまの段階で内定が出る範囲で転職してみて、新しい環境でスキルを身につけるべきか、といったところでモヤモヤしています

あるいは、結構内定をもらえないというか、難易度は高いと思うんですけど、勉強しながらweb系の企業を挑戦的に受けてみるというのも選択肢の1つなのかなと。そこで悩んでいます。

目標であるweb系企業への転職に向けて、いくつか手段を思いついている。そのうちどれがいいのか、ということですね。

メンターは、事前に相談内容を聞いている場合でも、あらためて面談の場で本人に相談事項を言語化してもらい、相談の背景まで理解します。

Hさんの場合、「web系企業への転職」という目標がはじめからクリアで、そこに至るまでの手段も複数思いついている状況ですが、その選択肢の中から自分にとって最適な意思決定がわからずに悩んでいます。

他にもエンジニアのための
サービスがあります

kiitok 1on1
kiitok 1on1
一流のエンジニアに
1対1で質問してみたい
もっとみる
kiitok 転職
kiitok 転職
エンジニアに相談
しながら転職したい
もっとみる
kiitok イベント
kiitok イベント
同業者と集まって
情報交換や交流したい
もっとみる